漫画

【ウェブ漫画】無料心理学マンガ「欠点があるほど愛される!」感想

投稿日:

クリックで拡大

こんにちは、最近忙しさが増してしまってる卯月つねです!

 

今日は、先日お話した「マンガでわかる心療内科」シリーズから派生した「マンガでわかる皮膚科」より、今日更新された漫画についてお話ししようかなと思います~。

(関連:【ウェブ漫画】「マンガで分かる心療内科」無料で読める心のサプリ!【おすすめ】)

 

この漫画は、ゆうクリニックグループの1つ・ゆうスキンクリニックのサイトにて掲載されているものです。

今回の漫画は、見た目の欠点を心理学目線で見た内容となっていて、「ここが気になる…」と悩んでる人に対してちょっとポジティブにさせてくれるものでしたよ!

 

※感想なのでネタバレあります~;

 

スポンサーリンク

Sponsor Link

 

欠点があるほど愛されるの?

「欠点があるほど愛される」より
クリックで拡大

今回の漫画は、無難な人よりも何らかの欠点を抱えている人の方が好かれやすいよという物でした。

 

これは外見だけでなく性格でも同じなんですが、この漫画を掲載しているのが皮膚科のサイトなので、外見のことをピックアップしてお話しますね^^

 

あなたには、何か外見でコンプレックスを感じるところはありますか?

私はというと、子供のころ顔ニキビができて、大人になった今クレーターの跡が残ってしまっているんです。

今では、多少なりとも薄くなって、化粧をすればマシに見えるようになってるんですけどね。

それでも気になるものは気になります…;;

 

でも今回の漫画を読むと、「私のような顔の人でも好きになってくれる人が現れる可能性ってあるんだ」と、ちょっと勇気づけられましたねw

 

そういえば、日本のことわざに「あばたもえくぼ」というのがあります。

意味としては、「好きな人なら欠点だって長所に見えちゃう!」といった具合です。

今回の漫画を読んで、ちょっとそのことわざを思い出しましたね。

 

 

欠点=味?

スポンサーリンク

Sponsor Link

 

「欠点がある人の方が好かれやすい」というのは、ある種の味のようなものなのかなぁとも思いました。

 

そういえば、今回の漫画にも食べ物に例えてるシーンがあったんですね。

「欠点があるほど愛される」より
クリックで拡大

 

うーんなるほど「ちょっとクセのある味だけど好き」って言って食べる人は確かにいますよねぇ…。

マンガの例にある「くさや」以外にも、「シュールストレミング」とか好きな人は好きでしょうし…。

 

…なんか、あまり身近でないものを例に挙げちゃいましたが、「納豆」で考えると分かりやすいですよね。

私は納豆が好きなんですが、「なんかあのネバネバがムリ…」「くさいじゃん!!」って感じに嫌う人っていますよね。

 

 

あ、そうそう。

マンガの後に、内容に沿った解説が記載されているんですが、その中では芸能界の人たちを例にとってこんな文章がありました。

たとえば芸能界やアイドル、さらに声優さんなどを見てみましょう。
「ものすごい美人」は本当にたくさんいますが、だからといってみんながみんな、人気が出るわけではありません。
逆に、顔において「鼻が大きい」「目の距離が少し広い」「目立つホクロがある」「表情がポヤッとしている」など、ちょっとした欠点やスキがある人の方が、人気が出ていることも多いのではないでしょうか。

―「欠点があるほど愛される!」より

 

私のイトコが、昔「ノンスタイルの石田がカッコいい!」と言っていたのを思い出しましたね。

 

ファンの方には申し訳ないのですが、私にはノンスタ石田さんの良さが分かりません。

彼はそんなに整った顔とは言えないし、体系も細身だなぁという印象です。

 

でも、イトコにとっては、ノンスタ石田さんの外見の要素のうちの何かがハマったのでしょう。

つまり、彼の持つ「味」がイトコにとって美味しかったものだったんですねぇ…。

で、私にとっては美味しくないものだった…というわけです。

 

まとめ

スポンサーリンク

Sponsor Link

 

ゆうスキンクリニックの漫画「欠点があるほど愛される!」は、外見(もちろん内面も)について何らかのコンプレックスがあっても、その方が愛されやすいよという内容でした。

 

外見の欠点をある種の味と例えるなら、クセのある食べ物の代表である納豆を「美味しい」って思う人がいるのと「不味い」って思う人がいるのと同じことです。

 

 

つまり、あなたに何らかのコンプレックスがあっても、「そのコンプレックスが逆に良い!!」という人もいるわけなんですねぇ。

 

私にもニキビ跡のコンプレックスがあるんですが、それを受け入れてくれる人がいるんだろうな…という感じに、少しだけ勇気というか、希望をもらいました(笑)。

 

最後に、解説の中から、特に勇気をもらった文章を引用して終わりたいと思います。

何にせよ、あなたに欠点があったからといって「それを絶対に直さないと愛されない」なんて思い詰める必要はありません。

その欠点が「あるからこそ」、より愛される可能性もあるのです。

全員に愛されるなんて不可能です。
ただ一人でもいいから、愛してくれる人がいれば、それでいい。
そんな開きなおった気持ちで生きていくことが、何よりも重要なのです。

―「欠点があるほど愛される!」より

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

 

マンガでわかる皮膚科:欠点があるほど愛される!

Sponsor Link

Sponsor Link

-漫画

Copyright© つれづれ自由研究 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.