テレビ

【世界一受けたい授業】うつの兆候10項目とその対策。効果的なマッサージも【まとめ】

更新日:

クリックで拡大

みなさんこんばんは、人生の明るい迷子・卯月つねです!

今日は「世界一受けたい授業」で、うつ病についてのことを放送していました。

いやまぁ、私もちょっとそれっぽい気があるので、なんとなーく見ていたんですよ。

うつの10の兆候や、その対策とかが紹介されていたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

Sponsor Link

うつの10の兆候

うつ病経験者243人へのアンケートから、うつ病の兆候には10の共通点があるのではないかと考えられています。

それが以下の10点なんですね。

  • 不眠
  • ぐったり疲れる
  • 気力がわかない
  • 頭が痛い・重い
  • 1日中悲しい気持ち
  • 本・新聞・テレビを見ない
  • 死にたいと思う
  • 動作が鈍くなる
  • 家事や仕事ができない
  • 自分のだめなことばかり考える

要は、マイナス思考になって心も体もしんどくて、何も手が付かないっていう状態ですね。

一般的には、この状態が2週間ぐらい続いたら、うつ病と診断されることとなります。

で、このほかにも補足で気を付けたいことが解説されていました。

気を付けたい頭痛の時間帯

クリックで拡大

 

兆候の1つに、頭が痛かったり重かったりすることが挙げられていましたが、特に朝の頭痛には要注意

ヨーロッパの調査で、朝に頭痛が起こる人たちの4人に1人の確率でうつであることが確認されているんですって。

イギリス、ドイツ、イタリア、ポルトガル、スペインの5カ国で、朝起きたときの頭痛の有無や頻度について、専門家による電話聞き取り調査が行われました。
その結果、調査対象となった約1万9千人のうち7.6%が朝の頭痛に悩んでいました(13人に1人の割合)。また、朝に頭痛がある人のうち30%(4人に1人)は、うつ状態でした。
もし、あなたが今、朝起きたときの頭痛に悩んでいるようであれば、一度医療機関を受診してみましょう。
[Prevalence and Risk Factors of Morning Headaches in the General Population] Archives of Internal Medicine Vol. 164 No. 1, January 12, 2004

引用元:http://www.utu-net.com/utur/02/06.html

なぜうつと頭痛がつながるのかというと、うつ病についてのホームページにてこのような記載がありました。

その理由の1つとして、人は精神的に不安定になると、通常よりも痛みに対して敏感になるということが挙げられます。そのため、これまでなら痛いと感じていなかったことに対しても、痛みを感じるようになるのです。

引用元:http://www.utu-net.com/utur/02/06.html

持ち物の色使いが変わることも

クリックで拡大

うつになると、悲しい気持ちになりますよね。

気分が悲しくなっている人にとって、世界はくすんで見えているんです。

このくすんだ色を緩和させるために、派手な色のものを持ち出すようになることがあるんですって。

無意識に色で気持ちを上げようとしているんでしょうかね?

 

うつ予防と克服に効果的なのは?

スポンサーリンク

Sponsor Link

うつの予防と克服に効果的なのは、朝起きたときに自分をほめること

出演されていた山田和夫先生いわく、うつ状態の時はマイナス思考なので、「自分が大好き」「自分は最高」など、何でもいいから自分を肯定しようとのこと。

……。

……えっと…。

 

それができてりゃ苦労しないって思うのは私だけでしょうか…。

 

いやぁ、理論は分かるんですよ…。

でもね、正直言うと自分自身に嫌悪感あるのにどうして自分を肯定できようかって言いたくなったんですよ…orz

対策なら分かるんです…でも「克服」ってなったらそれ難しくないっすか?って思ったんですよ…。

 

「朝になって目を開けれた…できた…」

「朝布団から起きれた」

「ご飯を食べれた」

 

とか、普段は当たり前のことでもできたら「やったぜできたぜ」って感じに褒めるというか…そういうのなら、分かるんですけどね。

ちっちゃいことから自分を肯定していったら、究極「自分大好き」「自分最高」に行けるんじゃないかなぁと思います。

正直うつ状態だと自分を肯定することすらしんどいんですよね…。

ちょっと不満言っちゃいましたが、ちっちゃいことでも「やった、できた」って感じに自分自身に○をあげられるようになるのが大事なのかなぁと見ていて思いました。

 

 

 

リラックス効果もある!ふくらはぎマッサージ

クリックで拡大

実はうつの症状に、ふくらはぎが冷たくなって固くなるというのがあるんですね。

で、そのふくらはぎをマッサージをすることで、副交感神経が刺激されてリラックスでき、うつ予防にも適していると山田先生が説明してくれました。

↓↓そのふくらはぎマッサージのやり方がこちら↓↓

クリックで拡大

ふくらはぎを、反対の膝に乗せます。

 

クリックで拡大

で、膝に乗せている方の足を上下に5回動かすだけです。

山田先生いわく、1日左右5回ずつ、寝る前にやると効果的なんですって。

私も実際にやってみましたが、膝の感触が心地よくて、5回上下した後は血流が良くなっているのが感じられました

まとめ

うつの兆候としては、やはり「気分が思いっきり暗~くなってしまって、心も体もしんどくなる」というのは変わらないんですね。

で、心も体もしんどいから、何も手が付かなくなる…と。

他にも、身体的な症状や、無意識的に持ち物に表れるということもあるんですね。

とにかく、ありきたりなコメントで申し訳ないですが、「何かおかしいな」と思ったらお医者さんに診てもらうのが良いってことですね…。

で、自分でできる対策や改善としては、「自分をほめること」と「ふくらはぎのマッサージ」。

自分をほめることに関しては、「朝目を覚ました」「布団から起き上がることができた」と、どんな小さなことでも良いから、自分が行動できたことについて褒めるのが良いのではないかなというのが、個人的な意見です。

そしてふくらはぎのマッサージでは、血流が良くなってリラックスをつかさどる副交感神経が刺激されるので、夜も眠りやすくなるということ。

こんな感じですね。

うつは現代病の1つですし、怖い病気です…。

うつから身を守るためにも、できることから気を付けていきたいですね。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

Sponsor Link

Sponsor Link

-テレビ

Copyright© つれづれ自由研究 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.