寺社

御朱印を貰いたいのに御朱印帳なくても大丈夫!忘れたときの貰い方

投稿日:

みなさんこんにちは、人生の明るい迷子・卯月つねです!

今日は御朱印帳が無い場合に御朱印をいただく際の話をしたいと思います。

ここでいう「御朱印帳が無い」というのは、「御朱印帳を忘れちゃった」という意味です。

私は基本的に、「今日は○○神社(寺)に参拝するから、御朱印もいただこう」という感じに、寺社参拝を目的としたお出かけの場合は御朱印帳を準備して行っています。

とはいえ、普段は御朱印帳を持ち歩いてはいないので、たまたまお出かけした際に寺社を見つけて立ち寄った際、「あ~、ここの御朱印いただきたいけど、御朱印帳持ってきてないからなぁ…」ってことがままあるんですよね;

というわけで、御朱印帳を持っていない時は御朱印をどういただくのかというお話をしていきますね!

スポンサーリンク

Sponsor Link

御朱印帳が無い時のいただき方

もしも訪れた寺社の御朱印をいただきたいと思っても、御朱印帳を持っていなかった…!とあきらめる必要はありません!

御朱印帳を忘れてしまっても、忘れてしまったことを伝えれば、半紙に書いていただくことができます

(実際に半紙でいただいたことが無いので、画像は広いものです)

これで旅先でも「あ、御朱印いただきたかったけど、御朱印帳忘れちゃったなぁ…」って諦めることは無くなりますね!

半紙の御朱印をいただいたら

スポンサーリンク

Sponsor Link

半紙で御朱印をいただいておうちに帰ったら、御朱印帳に半紙を貼り付けましょう。

…といっても、「のりを使うと半紙が波打っちゃって綺麗に貼れないから、のりは使いたくないなぁ…」と思いませんか?

私も「綺麗に貼れるならいいけど、自信ないなぁ…^^;」ってなる方ですw

あと、スティックのりの場合、手元が狂って「グシャッ!」となって悲惨なことになるのもショックですよね…;

こういった理由で、人によってはファイルに保存しているという方もいます。

 

でもやっぱり御朱印って御朱印帳に納めておきたいですよね。

私のようなぶきっちょさんでも綺麗に御朱印帳に貼れる方法ってないのかなぁと考えたら、1つ「あれ?そういえば綺麗に貼りつけられるのりってあるじゃん…」ってのがあったんですね。

それが、テープのりです!

クリックで拡大

いやぁ、よく封筒を閉じるのによく使ってたのに、なぜテープのりの存在に気づかなかったのか…。

 

テープのりというのは、簡単に言えば「すっごいうっすい両面テープ」です。

フタを取るとこんな感じ。

クリックで拡大

(あ、すみませんちょっとぼけてますね…;)

写真だと分かりにくいですが、透明なテープがカスタマイズされています。

 

これを修正テープを貼るみたいに、紙にコロコロ~っと転がしていきます。

クリックで拡大

 

で、こうすると…

クリックで拡大

 

クリックで拡大

こんな感じで貼り付けられます。

 

これだったら波打つこともないし、変な力を入れることも無いから問題ないかなと思いました!

今度半紙でいただくことがあったらこれで貼り付けようかな。

終わりに

なんか後半テープのりの紹介になってましたねw

まとめると、御朱印帳を忘れたら、事情を伝えれば半紙でいただくことができますという話でした。

で、後半は半紙の御朱印を御朱印帳に貼り付けるなら、テープのりが使いやすいかなという提案でしたね。

旅先で訪れた寺社の御朱印をいただきたいけど御朱印帳が無い場合、半紙でいただけることが分かれば安心ですね♪

それでは、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

プラス テープのり ノリノ 6mm×8m ポップピンク 37-711

Sponsor Link

Sponsor Link

-寺社

Copyright© つれづれ自由研究 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.