寺社

御朱印ランキングin関西!!筆跡が美しい5選

投稿日:

クリックで拡大

みなさんこんにちは、人生の明るい迷子・卯月つねです!

今日は、関西でいただける御朱印について、ランキング形式でお話したいなと思います。

あ、ちなみに神社とお寺混合のランキングとなっています…!

独断で「これは筆跡が美しくてツボ…!」というものを選びました!

関西には、こういう御朱印があるんですよ~。

スポンサーリンク

Sponsor Link

5位:安井金比羅宮(京都)

クリックで拡大

縁きり神社で有名な、京都の神社です。

なんかこの、ふにゃんとしながらも流れるような筆跡がやわらかい印象を与えてくれます。

ほら、安井金比羅宮って「縁切り縁結び碑」ってのあるじゃないですか。

公式サイトより

こういうのなんですが…。

いやその…「悪い縁を切って良縁を結ぶ」っていう御利益があるので、男女の縁についての願い事がたくさん貼られているんですよ…。

(男女の縁以外にも、タバコやお酒など自分がやめたいものの縁を切るというお願い事もありましたよ)

あのアレ結構他人の不幸を願うような縁切りの願いがあって怖いんですよね…。

怖いからまじまじ見れなかったんですが…;;

でもそういうちょっと禍々しい(!?)印象とは逆方向の、優しい筆跡の御朱印だなぁと思いました。

左上にある「金」の文字を掲げた船の印も良い味出してます…!

安井金比羅宮公式HP

4位:高野山真言宗 総本山金剛峯寺(和歌山)

クリックで拡大

こちらは和歌山にある高野山のお寺・金剛峯寺でいただいたものです。

お寺用の御朱印で初めていただいたものなので、思い入れがありますねぇ~。

中央に書かれているのは「遍照金剛(へんじょうこんごう)」といって、文字の上にあるのはその仏様を表わす梵字です。

ちなみに「遍照金剛」というのは、真言宗を開いた空海さんが、恵果(けいか)というお師匠さんから贈られたお名前の1つなんですよ。

空海さんの肖像画って、ほやんとしてて柔らかい印象があるんですが、この文字を見ると、その柔らかさの中に力強さを秘めていて、ずっしりと構えてくださっているという印象を持ちます。

文字(特に「遍」と「剛」)の力強さ、梵字のはらいの美しさは、初めて見たとき「素敵だなぁ」と思いましたね…!

こういう筆跡、私は絶対に真似できません(習字が苦手だったもので…;)

金剛峯寺公式HP

3位:伏見稲荷大社(京都)

クリックで拡大

私の好きな神社の1つ・伏見稲荷大社の御朱印です。

4位や5位に比べたらシンプルな御朱印なのですが、個人的に「伏見稲荷大社」のパリッとした筆跡がツボなんです…w

で、その両側の「参拝」の文字と日付の文字の流れるような筆跡。

その対比が、さらに中央の「伏見稲荷大社」の文字を引き立たせているような気がします。

結構右側に字の重心が寄っているような筆跡なんですが、とてもバランス良く見えますね。

伏見稲荷大社公式HP

2位:大本山須磨寺(上野山福祥寺)(兵庫)

クリックで拡大

神戸市の大きなお寺の1つ・須磨寺です。

書かれているのは「大悲殿(だいひでん)」といって、須磨寺のご本尊である聖観音菩薩が祀られている本堂のことです。

私この「殿」の字が最初読めませんでしたw

この「殿」の字の書き方も個人的に「凄い!!!」と言いたいポイントなんですが、それ以上にツボなのは「悲」の文字ですね。

この、心の部分のかすれ具合が良い味出してるなぁと…。

あとは「大」の文字が屋根のようになってるのもユニークな感じがしました。

ちなみに、中央の印には「聖観音菩薩」を表わす梵字があります。

須磨寺公式HP

1位:薬師寺(奈良)

クリックで拡大

堂々の1位は奈良の薬師寺!!

もう文句なしですよこの美しさ!!!

いただいたとき感動しましたねぇ~…。

書かれているのはご本尊の「薬師如来」。

見えにくいですが、薬師如来を表わす梵字が壺で囲まれているというのも面白いなぁと思います。

この流れるような筆跡の中に力強さも加わっていて、シンプルながらもアーティスティックな感じがものすごく好きなんですよ。

あと左側の「薬師寺」の「寺」の字もかわいいですよね。

薬師寺公式HP

終わりに

スポンサーリンク

Sponsor Link

むちゃくちゃ独断だったのですが、以上で関西の御朱印ランキングのお話を終わりたいと思います。

でもどの寺社も良い味出してるんですよねぇ~。

また集まってきたら、ランキングを更新したいと思います。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

京都・奈良 ご朱印めぐり旅 乙女の寺社案内

Sponsor Link

Sponsor Link

-寺社

Copyright© つれづれ自由研究 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.