漫画

【擬人化漫画】擬人化された元号が歴史を語る!「アラサーの平成ちゃん日本史を学ぶ」【おすすめ】

投稿日:

こんにちは、人生の明るい迷子・卯月つねです!

 

今日はちょっと面白い擬人化漫画を紹介したいなぁと思います~。

その名も「アラサーの平成ちゃん日本史を学ぶ」!

 

「うちのトコでは」でおなじみのもぐらさんが漫画部分を担当した本で、なんと元号を擬人化した漫画となっているんです!!

 

 

いやぁ、これまで色んな擬人化漫画を見てきたんですが、元号の擬人化なんて多分これが初めてでしょう…w

 

元号を通して日本史を見ていく内容となっているのですが、元号と日本人…特に天皇との関係を知ることが出来たり、読み終わった後「あー、元号残っててほしいなぁ」と思えるような本となっていました。

 

ちょっと変わった視点から日本史を見ていくこの漫画、さっそく紹介していきますね♪

 

スポンサーリンク

Sponsor Link

 

「アラサーの平成ちゃん日本史を学ぶ」の内容

※長いのでこの後書籍の名前は「平成ちゃん」で記載していきます~。

 

「平成ちゃん」より
クリックで拡大

平成になって、はや27年。

平成ちゃんも「アラサー」と呼ばれる年代になった。

西暦の方が便利でグローバルスタンダード!

と言われ、自身の存在意義に悩む。

そんな彼女が「元号(わたしたち)って何?」と

最近ブームの「自分探し」の旅に出た!?

テーマは自分自身のルーツでもある「元号」。

「明治」、「大正」、「昭和」の3人に導かれつつ、

最後には、謎の2人も乱入して……!?

 

―「平成ちゃん」あらすじより。

結論から言うと、元号は「年の数え方」です。

 

でも、日本は元号の他に西暦も使っていますよね。

私自身、この漫画を読むまでは元号のことを何とも思っていませんでした。

強いて言うなら、生年月日を記載する際に、「H2」と2文字だけで書けるので便利だなぁとしか思ってませんでしたw

 

なんで日本には元号があるんだろう…に答えるのが、この本なんですね。

 

実は元号って、日本の歴史に深いかかわりがあるんです。

 

 

1番最初の元号は「大化の改新」でおなじみの「大化」でした。

当時の日本はすっごいバラッバラで、1つの国という意識や同じ時間間隔を持たせるのに、元号は便利なツールだったんですね。

「平成ちゃん」より
クリックで拡大

そこから、元号は「日本に流れる時間」の支配の道具となっていきます。

まぁ目に見えない政治道具ですね。

 

私はまずこのポイントにビックリでしたねぇ。

でも当時バラバラだった日本をまとめるには、確かに「共通の何か」が必要です。

ほら、その方が一体感が出るというか…仲間意識が出るというか…。

 

「元号がただの年の数え方」というだけでないというのが、元号発足から分かるんですね。

 

で、政治的ツールの元号は、時に天皇に取り入るためのツールだったり、時に言霊として日本をよくするためのツールだったりと、政治的に日本の歴史と関わっていくことが漫画となって語られていきます。

「平成ちゃん」より
クリックで拡大

 

そして、元号の移り変わりと日本の歴史を見ていって平成ちゃんが「元号って何なのか?」という問いへの結論を出すという内容となっています。

 

漫画以外にも、元号とその時代の解説とトリビアが記載されているパートや、

「平成ちゃん」より
クリックで拡大

 

 

各時代の元号のまとめがてらのコラムもありますよ。

「平成ちゃん」より
クリックで拡大

 

文字ばかりなので苦手な人にはしんどいかもしれないですが、この部分もなかなかに面白いです^^

 

 

個人的に興味深かったポイント

スポンサーリンク

Sponsor Link

 

内容としては、元号を通して日本の歴史の移り変わり&元号が一体何なのかを見ていくものとなっている「平成ちゃん」。

 

ただ、私自身「なかなか興味深いなぁ」と思ったポイントがあります。

 

それが、元号にはどの時代にも天皇が関係していること!

 

まぁ、初代元号の「大化」を出した中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)はのちに「天智(てんち)天皇」になってますし、その後は天皇の天下でしたからねぇ。

 

途中武士の時代になって天皇の力が弱くなることがありましたが、それでも元号があったから天皇は生き延びれていたんです。

「平成ちゃん」より
クリックで拡大

 

つまり、元号が無かったら天皇という存在はいなくなってたんだろうなぁ…って、読みながらちょっと思いましたね。

逆もありそうですが。

 

天皇があるから元号がある、元号があるから天皇がある…元号って、ある意味日本のアイデンティティなのかなぁっていうのが、個人的な考察です。

 

 

だから読み終わった後、「…元号無くなってほしくないなぁ…」って思ったんですよね。

今の私たちにとったら、元号はただの年を数えるツールですし、政治的な意味もありません。

でも、もし元号が無くなったら、日本として、日本人として何か大事な物をポッカリ無くした気持ちになるのかなぁって思いました。

 

まとめ

スポンサーリンク

Sponsor Link

 

「平成ちゃん」は、元号を通して日本の歴史や元号の役割を見ていく内容の擬人化漫画です。

歴史が好きな人はもちろん、単純に擬人化が好きな人が読んでも面白いんじゃないかなぁと思います。

 

漫画部分は、面白おかしく日本と元号の関係を描いていますし、解説部分やコラムは、トリビアなどもあってまた面白いです。

 

単純に読めば元号を通した歴史漫画ですが、よくよく読むと元号は天皇ありきのものということが読み取れます。

 

ちょっと大げさかもしれませんが、元号と天皇の深いかかわりを見ると、元号も日本のアイデンティティなんだろうなと思います。

 

 

最近、陛下の生前退位が話題になりましたよね。

で、陛下が退位されれば元号が変わります。

でも何かでちらっと「これを機に元号制度無くしたらいいんじゃない?」というのを見て、「あ、この漫画のことお話したいな」と思ったので、こういったお話をしたんですね。

 

まぁ確かに今は西暦があるから、元号は必要ないかもしれません。

…というか、人によっては影の薄い存在かもしれません。

 

でも「平成ちゃん」を通してそのルーツを知れば、元号に対して親近感がわけるんじゃないかなぁと思いました。

 

それでは、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

アラサーの平成ちゃん、日本史を学ぶ (BAMBOO ESSAY SELECTION)

Sponsor Link

Sponsor Link

-漫画

Copyright© つれづれ自由研究 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.