映画

おすすめディズニー実写映画「101」を紹介させてください

投稿日:

みなさんこんばんは、人生の明るい迷子・卯月つねです!

明日21日からディズニーの実写映画「美女と野獣」が公開されますね!

それにちなんで、今回は「元々アニメーションだった映画を実写化したディズニー実写映画」を紹介したいと思います。

まず最初は、「101(ワン・オー・ワン)」。

ネタバレもちょこちょこあるので注意です

スポンサーリンク

Sponsor Link

「101」とは?

「101」とは、1961年(日本では1962年)に公開された「101匹わんちゃん」を実写化した、1996年(日本では1997年)の映画です。

「101匹わんちゃん」について

悪女クルエラに誘拐された子犬たちを取り戻すために奮闘する、親犬のポンゴとパディータの家族愛と、それに協力する動物たちの友情を描いた作品です。

(Amazon商品紹介より)

ちなみに101匹の名前の由来は、親犬であるポンゴとパディータ、2匹の間の15匹の子犬たち、その他ペットショップなどから盗まれた84匹の子犬たちの合計の数です。

この作品の悪役であるクルエラは、毛皮マニアなんですね。

クリックで拡大

 

写真でもモッフモフの上着着てるでしょ?

で、クルエラは99匹のダルメシアンの子犬の毛皮を使って、コートを作ろうと企むんです。

コートのためにさらわれた子犬たちを助けるために、ポンゴとパディータの救出劇が、この映画のストーリーの基盤となっています。

この映画の見どころ

クリックで拡大

この映画の見どころは、何といっても犬や動物たちの演技ですね!!

主役の犬種であるダルメシアンの他にも、シープドッグや馬、牛など様々な犬種や動物が出てきます。

特に犬たちの演技には、「よく訓練されてるなぁ~」と感心しちゃうほど…。

あとは演出ですねぇ…個人的な演出ポイントは、子犬たちがさらわれたことを親犬たちがどうやって知るのかという部分。

アニメでは特に親犬たちがどうやって知ったのか明確に描かれているところはないのですが、実写版ではとてもユニークな演出で、子犬たちのピンチを親犬が知ります

この演出、個人的に好きですw

悪役のクルエラ役の女優も名演!

クリックで拡大

また、さらに注目してほしいのが、クルエラ役のグレン・クローズさんの演技!

もうアニメからさらに魅力を増した素敵なクルエラを演じてくれています!!!

で、グレンさんの演技のすごいところは、体を張りすぎているところw

もちろん、悪役ならではの雰囲気やオーラの発し方も素晴らしいんですが、何といっても制裁されていくラストスパートに注目していただきたい…!!

ディズニーの悪役には制裁が定番なんですが、「101」のクルエラに対する制裁がとにかくえげつない!!

そしてそれを本人が演じてるんです…!!

大女優がここまでしていいのか!!!ってぐらいのえげつなさですw

あの、なんか盛ってるようになってきているんですけど、ほんとにね…「えっ、そこまでやっちゃうの…?」って言いたくなっちゃうんですよ…っ。

まぁ、制裁しているのは動物だから、余計にえげつないんでしょうね…。

アニメと実写化で異なる点も

スポンサーリンク

Sponsor Link

個人的に実写化あるあるなんですが、さすがにアニメのストーリーをそのまま使うことはせず、色々とオリジナル要素を入れているんですね。

代表的なのが次の3つですね。

1.パディータの飼い主・アニータとクルエラの関係

クリックで拡大

まずは、母犬パディータの飼い主・アニータとクルエラの関係です。

アニメ版ではこの2人は学生時代の旧友という関係だったのですが、こちらではデザイン会社の社長(クルエラ。写真左)と部下(アニータ。写真右)となっています。

実写版では、アニータがデザインしたダルメシアン柄のコートを見たことをきっかけに、クルエラの悪事が始まるので、とても分かりやすいです。

2.ポンゴの飼い主・ロジャーの職業

クリックで拡大

父犬ポンゴの飼い主・ロジャー(写真では左端の見切れてる人です;)の仕事も、アニメ版と実写版で異なります。

アニメ版では作曲家なんですが、実写版ではゲームの製作者です。

アニメではその設定を生かして「クルエラ・デ・ビル」という歌を作りましたが、はたして実写版のゲーム制作者という設定がどう活きるのか…そこもちょっと注目してみてください★

3.クルエラの手下

クリックで拡大

クルエラの手下といえば、ジャスパー(写真左)とホーレス(写真右)

これはアニメ版からある設定です。

ですが、実写版ではもう1人、クルエラに手下がついています。

それがこちらのスキナー

クリックで拡大

彼は動物の皮をはぐ仕事をしている人なんですね。

で、昔犬に首をかまれたためにしゃべれないんです。

セリフが無いからこその気迫や雰囲気に注目してほしいですねぇ…。

終わりに

それでは、めちゃくちゃ簡単になんですが、「101匹わんちゃん」の実写版「101」についての紹介を終わりたいと思います。

ディズニーアニメを実写版したものとして初めて見た作品がこちらだったので、個人的にとても思い出深いものとなっているんですね…。

犬たちの演技が中心となっている作品ですが、彼らを取り巻く人間たちのキャラクターにもぜひ注目して見てくださいね!

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

●紹介した作品●
101 [DVD]

101匹わんちゃん ダイヤモンド・コレクション

Sponsor Link

Sponsor Link

-映画

Copyright© つれづれ自由研究 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.